お問い合わせ

購入・レンタル
お申し込み
トップイメージ トップイメージ

ニュース

NEWS

newsサムネイル

04/25

シニアカー(電動カート)は歩道を走れる?安全な移動手段を解説

シニアカーは歩道を走れます

電動車いすであるシニアカーは、歩道を走行するための便利な移動手段として広く利用されています。
その理由や歩道がない場合の対応について解説します。

なぜシニアカーは歩道を走行できるのか?

シニアカーが歩道を走行できる理由は、道路交通法上「歩行者」とみなされるからです。
ただし、道路交通法令の基準に適合しない電動車いすは、歩行者として扱われません。
国の型式認定証(TSマーク)の付いたものは、その基準を満たしているので、
電動車いすはTSマークの付いたものを選びましょう。

歩道がない場合はどうすればいいのか

基本的なルールは歩行者と同じですが、
歩行者からすると脅威となることがあるため注意が必要です。
以下のことを守り、安全運転を心がけましょう。

・歩道や路側帯がない道路では、道路の右側端を通行する
・歩道と車道の区別のある道路では、歩道等を通行する
・横断歩道がある場所の付近では、横断歩道を横断する
・道路を斜めに横断しない
・自転車や歩行者の脇を通過するときは、安全な間隔を保持するか徐行する
・横断歩道を横断しようとする歩行者等がいる時は、横断歩道等の直前で一時停止し、その歩行者等の通行を妨げない

●引用:宮城県警察「シニアカーは歩行者です!!」

まとめ

シニアカーは歩道を走行することができる便利な移動手段ですが、
歩行者と同じルールとはいえ、モビリティに乗っているという特性上、
歩道利用時でも速度や運転マナーに配慮する必要があります。
また、歩道がない場合は車道を利用することになりますが、自動車等に注意をして道路の右側端を通
行しましょう。

newsサムネイル

03/26

電動カートの利用方法とメリット・デメリット

電動カート(シニアカー)は、高齢者の方や身体的な制限を持つ人々が移動する際に利用される便利なモビリティです。様々なシーンで活躍し、その使い方やメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

電動カートの使用場面

電動カートは、主に次のような場面で使用されます。

買い物や外出時の移動:ショッピングセンターや大規模な施設での移動に便利です。
観光やレジャー:観光地やテーマパークなどでの移動に活用されます。
日常生活:身体的な制限を持つ方が日常生活での移動手段として使用します。

電動カートのメリットとデメリット

電動カートのメリットには、次のような点が挙げられます。

・長時間の移動でも疲れず快適に移動可能で、身体的な負担が軽減される
・道路交通法上では歩行者と同じ扱いとなるため、電動カートの操作に運転免許は必要ない
・シンプルなハンドル操作なので、簡単に運転することができる

一方、デメリットとしては、次のような点が考えられます。

・歩道を走行できるが、他の歩行者への気配りが必要となる
・充電が必要
・車体で幅をとるため、一部のお店や施設では利用が制限されることがある

まとめ

電動カートは、身体的な制限を持つ方々の移動手段として便利なモビリティです。利用場面やメリット・デメリットを把握し、より快適な移動を実現しましょう。

弊社『株式会社3C(スリーシー)』のサービス

弊社『株式会社3C(スリーシー)』では、自動でコンパクトに折りたたむことができるおしゃれな電動カートを定額使い放題でレンタルでき、利用者は便利で安価な方法で移動手段を確保することができます。
※レンタルは介護保険適用外となっております。
※弊社では「電動車椅子」の取り扱いは行っておりませんので、ご了承ください。

newsサムネイル

03/08

電動車椅子の種類

電動車椅子は、身体障害者の方やご高齢者の足代わりとなるなど、日常生活において重要な役割を果たしています。「電動カート」など様々な呼び方があるため、どれを選べばいいかわからないという声もあります。

種類

電動車椅子は自操用と介助用に分かれ、それぞれ異なる目的と使用方法があります。
また、「自操用」「介助用」の中にも種類があります。
この記事では主に「自操用」について説明します。

自操用

ジョイスティックやハンドルを操作して使用し、
主に標準形、ハンドル形といった製品があります。

自操用ハンドル形

自操用ハンドル形は、所謂「電動カート」「シニアカー」のことです。
主にご高齢者の方が使用し、操縦はハンドルを操作して行ないます。

自操用標準形

主に身体障害者の方が使用し、操縦は手元にあるジョイスティックレバーで行なうものが大半です。

自操用には、自操用簡易形など他の種類も存在します。

介助用

介助者が後ろから操作することを前提に作られている車いすを指します。
介助者の負担を軽減する仕様になっています。

まとめ

電動車椅子は自操用と介助用に分かれ、それぞれ異なる使用場面で活躍します。
自操用ハンドル形(電動カート・シニアカー)は、ハンドルが付いており安定性が高く、広いスペースや大規模な施設での移動に適しており、買い物や観光などの活動に便利です。また、買い物カゴやバスケットを備えていることが一般的です。
自操用標準形は、身体的な制限を持つ人々が自立して移動するためのモビリティです。
一般的に、車椅子ユーザーが自分自身を動かすことができない場合に使用されます。
ご自身やご家族に適しているモビリティを選択しましょう。

newsサムネイル

08/07

博多マルイにてR30試乗体験開催!


博多マルイ4Fにて「未来にやさしい」イベント!
「タウンカート試乗体験」を開催。
環境に配慮した折り畳み電動カートを体験しよう。
是非お気軽にお越しください!

※混雑時はお待ちいただく場合がございます。

【 開 催 期 間 】

・2023年8月11日(金・祝)~8月20日(日)

【 開 催 場 所 】

・4F コンセプトショップス

博多マルイのイベント記事

newsサムネイル

08/03

折りたたみタウンカート【マクアケ:第二弾!!】

マクアケ第一弾大好評につき、第二弾実行を決定しました!!

\この機会に親孝行・祖父母孝行にプレゼント/
今回はサブスク開始記念として、マクアケからのご応募ならアップグレードしたR30をお得にご利用していただくことが可能です!

マクアケ第二弾の特徴

  1. 乗り心地向上・新型取手を搭載したR30をお得に購入・サブスク利用が可能!
  2. マクアケからなら2ヶ月間、1日あたり550円で電動カートをご利用できます!そのままサブスク延長もOK!使ってみて自身に合っていれば購入もOK!

マクアケ実施期間は約3ヶ月のため、ぜひご覧になってみてください!

newsサムネイル

02/17

世界初!折りたたみ式電動カードR30 クラウドファンディング「マクアケ」に挑戦し無事達成しました。

皆様のご⽀援のお陰様で、当プロジェクトを達成することができました。

⽬標を上回る ¥1,150,440-に到達し、115%となる事が出来ました事、⼼よりお礼申し上げ

ます。

また、沢⼭のご提案や要望なども頂き、今後の改良点なども⾒えてまいりました。

新たなリフトも来⽉より受付開始が出来そうです。

今後もこのご期待にお応えできるよう改善を重ねサービスの拡充を図ってまいりますので

どうぞよろしくお願いいたします。

クラウドファンディング「Makuake」ページ

https://www.makuake.com/project/3c-corp/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
株式会社3c マクアケでのメッセージ
株式会社3C(スリーシー)は Contact of Culture & Cultur
eの頭⽂字3つのCを取って、”⽂化と⽂化の融合”という意味です。
世界には数々の⽂化があり、そこから様々な物が⽣まれています。⽇本も素晴らしい⽂化
であふれていますが、”折りたたみ”も⽇本⽂化の1つで脚を折りたたむ正座は⽇本独特の
座り⽅です。着物や布団、ノートパソコン、携帯電話まで⾝の回りには折りたたむ⽣活⽤
具がたくさんあります。使わないときは折りたたんでしまっておく。それは狭い空間で暮
らし、島国である⽇本⼈ならではの知恵ですね。⽇本に住んでいる私たちも既に突⼊して
いる「 ⾼齢化社会」と⾔われながらも⽣活の中で⼤きな変化は実感として薄いと考えま
す。
今回、Makuakeでのクラウドファンディングを通じてその⽂化と⽂化を融合させた、世界
では唯⼀無⼆の誰でも運転できる電動折りたたみタウンカートで⾼齢者、⾜の不⾃由な⽅
はもちろん、誰もが周囲に気遣い無く⾏動範囲を広げ、アクティブで温かな社会に貢献で
きればと思っております。ぜひ、よろしくお願いします! 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
折りたたみ式電動カートR30のご紹介
Diblasi(ディブラッシ)R30 は誰でも乗れる電動折りたたみ式街乗りカートとして
イタリアからやってきたおしゃれな乗り物です。
また ⾼齢化社会に向けてシニア世代、⾜の不⾃由な⽅々の⾏動範囲を広め、より快適に、
よりアクティブに過ごしていける社会を⽬指すために登場いたしました。
R30は3輪でありながら安定した⾛⾏性能と、加速レバー・⾃動停⽌ブレーキによる安全
性に加えて、世界で唯⼀と⾔える「指⼀本でボタンを押すだけで折りたたみ・復元」するユ
ニークな機構、そして洗練されたデザインによりヨーロッパで⼈気のイタリアDi Blasi社の
ポータブル・モビリティ・スクーターを元に、⽇本のハンドル型電動⾞いすの基準に適合させて型式認証を取得したものです。

newsサムネイル

01/17

エネルギーの未来を考えるWebメディアEmiraに掲載されました。

Emiraは東京電力がサポートするWebメディア。
「歩かない旅行」が可能に?ユニバーサルツーリズム普及のきっかけになる乗り物として紹介されました。

今までの介護用の電動車いすとは、ちょっと違った楽しい乗り物として、持ち運べて旅行にも使えるR30の特性をわかり易く解説していただいています。

ぜひご覧ください。
https://emira-t.jp/topics/13519/

1/30まで、クラウドファンディングCAMPFIREにてプロジェクト開催中です。
ご支援いただきますようお願いいたします。
https://camp-fire.jp/projects/view/199225

12/06

ユニバーサルな社会を創る使命

ユニバーサル都市・福岡賞2019優秀賞のトロフィーが届きました。
私たちの取り組みが、福岡市という大きな自治体に認められたことは、大変うれしいことです。同時にとても重い責任を感じました。

歩行に不安がある状態は、まだ社会的な支援が行き届いていない盲点だと感じています。歩けない方は、介護保険の適用や福祉での公的支援の対象となります。しかし長く歩くと疲れる、ゆっくりとしか歩けない、といった歩行の不安は、特に多くのシニアが感じる悩みになっているにも係らず、ご本人の「まだ、助けを借りずに歩ける」という自尊心から、助けを求める声も上がりにくく、それゆえ利用できるサービスが生まれてこない、という状況になっています。

「歩行の不安への支援」は、本当は多くの方が必要としているのに、認知されていない潜在需要だといえます。私たちはこの潜在需要を掘り起こし、サイレンマジョリティ、沈黙している多くの方々に希望の光を当てたいのです。

旅行やお出かけには、さまざまな楽しい刺激があり、生活を豊かにする活力をもたらしてくれます。外出が億劫になり、家に閉じこもることは体力や気力の低下、ひいては生活の質の低下につながり、寝たきりの入り口になるのではないでしょうか?

多くのシニアに元気に旅行やお出かけを楽しんでいただくことは、介護予防にもつながる、社会的にも重要な意義を持つ取り組みです。

今回の受賞に際し、「折りたたみ電動カート」で歩行の不安を解消しようとする私たちの取り組みが、シニアの活力や生活の質を維持向上を支え、シニアの社会参画を維持・促進する意義があることと認められたと感じました。そして、ユニバーサルな社会を創りだす使命という、私たちに課せられた重要な責任を感じています。

これからも、家族の笑顔を広げる取り組みを続けてまいりますので、応援よろしくお願いいたします。

newsサムネイル

11/04

「ユニバーサル都市・福岡賞」優秀賞を受賞しました!

私たちの取り組みが、みんなが優しい、みんなに優しいまちづくりを推進している福岡市主催の「ユニバーサル都市・福岡賞」にて「優秀賞」を受賞しました。

11月3日福岡市中央区天神の商業ビル「ソラリアプラザ・ゼファ」にて開催されていた「ユニバーサルデザイン見本市」での審査会を経て、表彰式が行われ、私たちの取り組み「ユニバーサルツーリズムの裾野を広げる<折りたたみ電動カート>モニター提供事業」が「ユニバーサル都市・福岡賞」の「優秀賞」受賞いたしました。ありがとうございます。

これは、折りたたみ電動カートR30を、実際に旅行やレジャーに使って頂くもので、

・旅の漫遊様のご協力による「佐賀バスツアー」
・一般公募のモニター様のご協力を頂いた「秋月お花見ドライブ」
・ハウステンボス様のご協力を頂いた「ハウステンボス折りたたみ電動カート実証実験」

といった、取り組みの実績に対して評価を頂くことができました。

これも、皆様からのご協力とご支援の賜物だと、感謝を新たにしています。
ありがとうございました!

これからも、誰もが旅行をラクに楽しめるように、DiBlasi R30の旅行利用を進めてまいります。

これからも、応援よろしくお願いいたします。