ニュース

しあわせホルモン

「あぁ幸せ!」って思える瞬間はどんなときですか?

温泉にゆったりつかって「極楽、ごくらく!」なんて、思わず言ってしまう時ってありますよね。

そんな時には「幸せホルモン」と呼ばれるオキシトシンが分泌されるそうです。

前回「おでかけのススメ」でも、ご紹介したこのホルモン、皆様から大きな反響をいただきましたので、もう少し詳しくご紹介しますね。

オキシトシンとは、「幸せホルモン」以外にも「恋愛ホルモン」「信頼ホルモン」「思いやりホルモン」とも呼ばれることもあり、恋愛に限らず他者との暖かい交流を感じたとき、とくにスキンシップなどで多く分泌されるそうです。マッサージはされるよりも、してあげるほうが多く分泌され、他にも家族団欒や一緒に食事をしたり、料理を作ってあげることもオキシトシンを増やす効果があるとのこと。

また、「ありがとう」と感謝の言葉を口にすることもよいそうですよ。感動したり、自分の気持ちを素直に表現することもよいそうです。

ここ数年で、急速に研究が進んでいるオキシトシンには、「幸せな気分になる」「ストレスを軽減する」「他者への信頼が増す」「免疫力をたかめ感染症にかかりにくくする」など、さまざまな効果があるそうです。

私たちは、ボタンひとつで簡単に折りたためる全自動折りたたみ電動カートDiBlasi R30を通じて、歩行に不安を抱えた方でも、安心しておでかけを楽しんでいただけるよう、応援しています。

たとえば、ご家族での温泉ドライブでは、温泉や景色を楽しんだり、ご家族でのお食事や、お孫さんがおじいちゃん・おばあちゃんの肩たたきをしてあげたり、オキトキシンが放出されるシーンがいくつもあります。

「敬老の日」はもうすぐ。親孝行に、家族ドライブを計画されてはいかがでしょう?

家族みんなで幸せを感じてくださいね。

お求めは

Yahoo!ショッピング

https://store.shopping.yahoo.co.jp/oritatami/

ヤマダモール

https://ymall.jp/store/jaclife/e377300906e00001/